2016年1月30日土曜日

サイクルウェアのパッドと洗濯

明日で1月も終わり、あっという間に春になりそうな予感ですが、みなさまお元気で走っていらっしゃいますか?

さて、暖かくなるとウェアも新調して颯爽と走り始める方も多いと思いますがその前に・・・
ご購入されたウェア、特にショーツ・ビブショーツは、一度洗濯をしてから使用
される様、弊社ではお勧めしております。
弊社やGSGがサポートしているプロ選手も言っていますが、洗濯前はウェア各部、特にパッドが馴染んていない為、少し硬い印象がある様です。それが、1-2回洗うとよりソフトに馴染んできて、ベストな履き心地とサポートを発揮する様になります。

現在7ITAとGSGで使用しているのはGSGの100%子会社でGSG敷地内に併設されたLa Fonteのパッドです。みなさまもよく知っている大手メーカーさんにもOEMで供給していますが、元々は自社のために開発したパッドです。

現在7ITAとGSGの主力パッドはこちら
Rekordパッドです。このパッドの特徴は下記リンクをご参照下さい。
使い始めから柔らかいと書いていますが・・・やはり洗濯すると一段と馴染んで来ます。


そして、他社さんに主に供給しているのが下記パッド
HD Ergonomicパッド。色違いで有名メーカーさんも使っていらっしゃるので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。Rekordパッドの1世代前の仕様となりますが、レース用サイクリング用問わず十分な衝撃吸収性ほかスペックを備えています。詳細は同じく上記リンクページをご覧ください。
(記事を書いた2014-15秋冬シーズンはGSGでも主力で採用されていたパッドですが、現在はRekordパッドにその座を譲っています。)


洗濯する時の注意点ですが・・・弊社製品取扱いショップの「ベックオン」さんが非常に詳細な説明をされていますので、それをリンクさせて頂きます。
ご参考の上、洗濯をしてみて下さい。

ベックオンさんの記事でも書かれていますが、ショーツの洗濯時に弊社からお勧めするポイントとしては・・・

1)柔軟剤・漂白剤は使わないで下さい
メーカーによると、最悪の場合とくにパッドがボロボロになったり溶けたりする事があるそうです。

2)裏返して丸くまんじゅうの様にたたみ、洗濯ネットに入れてさっと洗い、陰干しして下さい。
他の衣料とからまったり、不必要な色あせを防ぎ、なるべく長い間、美しいプリントのまま使って頂きたいと思います。

それでは「早く暖かくなれ~」と願いつつ、冬を走り抜けて行きましょう!!